2006年07月29日

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜そこじゃないもっと上…企画会議

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開


■《企画会議》 坂本竜馬は生きている白書…☆・+★・…☆・+★・…


  イロ室長>とにかく我社もユビキタスに対応していかないと。
  ユリ主任>はい。では『坂本竜馬は生きている』についてですが…。
  イロ室長>飛騨の山中に坂本竜馬らしき人物を見かけたってやつだな。
  みらあだ>でも生きていたらもう、そうとうな歳ですよ。
  千葉隊員>いや、チベットの老僧は平均230ぐらいまで生きます。

  イロ室長>じゃ、諸葛隊員、何か。
  諸葛隊員>後詰めは、王平がよろしいでしょう。
  イロ室長>そんなことは聞いてない。えー鈴木。

  鈴木隊員>つまりは親殺しのパラドックスかと………。
  イロ室長>え?
  鈴木隊員>正しい時間の揺り戻しがおきているのでは?
  イロ室長>お前、顔洗って来い。じゃ、内藤。

  内藤隊員>僕はただ自分が生まれてきた理由が知りたかっただけなんです。
  イロ室長>………ザキ。
  ザキ隊員>ぐるぅ………。

  イロ室長>(バンッッ!)もっと、まともなやつはいないのか!!



■《速報》地図マニア…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・


         千葉隊員、会議室に飛びこんでくる。

  千葉隊員>室長ッ!わかりました………わかりましたよ!!!
         グリーンランドは……デンマーク領です!


■ミスコン侍(学園祭編)…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★
 

  イロ室長>何だよ。また品川、休みか?
  千葉隊員>どうもそうみたいですね。
  イロ室長>『ミスコン侍(学園祭編)』の取材どうすんだよ?
         今日だろ?上智の学園祭。
  甲斐隊員>室長!そんなに品川を責めないでください!
  秘書立川>品川はお父さんが入院してて大変なんですっ!

  イロ室長>わかった、わかった。でも猿に代理がつとまんのか?
  亜美隊員>チャッピーは相応の訓練を受けた職業猿よ。普通の
         猿とは違うわ。

         ………その時、電話のベル。

  チャッピ>(受話器をすかさずとる)………。
  イロ室長>………で?

                 【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編
posted by イロ室長 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜いざ、ゆかん!企画会議

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開




■JR品川駅の怪…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…


   千葉隊員>来ました!れ、連絡が来ましたよ、室長!!

         品川駅は港区にあり、
         目黒駅は品川区にあるようです!!!



■《派遣社員‘猿!’》オフィスにサルがいる!…☆・+★・…☆・+★・


  イロ室長>……おい。品川のデスクにいるのサルじゃないか?
  宮田隊員>何言うてるんですか?品川じゃないですか。
  イロ室長>………疲れてるのかな………。
  宮田隊員>スーツ着たサルなんてありえへんがな。
  イロ室長>それもそうだな………。

        (品川のデスクにあるタイマーが突然鳴る)

  品川隊員>?!ムキ―――ッッ!!

  イロ室長>い、今、ムキーって言ったぞ。ムキーって。
  宮田隊員>んなアホな。
  イロ室長>歯むいて、ぐるぐる回って飛び跳ねてるぞ!
  宮田隊員>室長は、疲れてるんですよ。




■《企画会議》 愛され隊アクセスアップ会議…☆・+★・…☆・+★・…☆・


  イロ室長>で、『愛され隊ブログ』にも華がほしいと。
  品川隊員>グラビアのページみたいなもんですかね。
  イロ室長>ちょっと違う。
  千葉隊員>……………マドンナ隊員………。
  イロ室長>それだ。

        ……《募集! マドンナ隊員》……

  イロ室長>宮田隊員はどう思う。
  宮田隊員>そやねんなぁ。ええんちゃいまっか。
  全隊員  >………………。
  宮田隊員>ど、どないしはったんですか?
  イロ室長>お前の関西弁、どうも胡散臭いんだよなぁ……。
         エセ関西人だろ?最近多いんだよな。
  宮田隊員>な、何言いうてるんですか………ふうー………。

       《教訓》あなたのまわりの偽関西人に注意。



                 【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編
posted by イロ室長 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

《イロ日記》俺達のセルライトと真夜中の甲州街道

――深夜、甲州街道を走る。

tidori1.jpg なにもかもが嫌になったときや、1日なにもしな
かった日は少し体を疲 れさせないと気持ちよく
眠れないので、走ることにしている。ジョギング
パンツと、アディダスのシューズを出して、夜の
街へ走り出す。「まぐろの王様の歌」を高らかに
うたいながら夜を闊歩する。そうゆうわけで、今
日も走りにいこうとしていたら《しぃ》も行くという。自転車で俺の
後ろをついてくる。邪魔だから家にいろ。と言っても聞かない。行く
と言う。というわけで二人で夜の街へ繰り出す。

――赤信号が点滅してるよ。………ほら、もっと走れよ。

煽られながら、じぐざくに道路の真ん中を走ってはしゃいだ。

 ★★★

悪気はないんだろうけどキツイ言い方をされた《ノッコ》がしょんぼり
している。それが憐れで、久々に腹を立て、そいつに何か一言いってやろ
うとした俺を《亜美ちゃん》が制する。

――ダメよ。イロっちが本気になったら、あの子立ち直れないわよ。

亜美ちゃん。あいつがあんな言い方するのは、自分があんな言い方され
たらどんな気持ちになるか、わからないからだよ。言われた人の気持ち
もわからないし、誰の気持ちもわからない。そういうのが一番たち悪い
んだ。だから少し教えてあげるだけだよ。


――ダメ。ここにいなさい。

やれやれ。姉貴みたいだ。俺は肩をすくめて、またパソコンに戻った。


                      ■俺達のセルライトと真夜中の甲州街道
posted by イロ室長 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜はカメムシを探しにU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜さぁ、歌おう!企画会議

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開



■《ルポ》ある島を追え!!…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・

 
  千葉隊員「来ました、今NYから電報が………ッ!」
  みんな  「………(ごくり)。」
  千葉隊員「………エロマンガ島は、実在します!」



■レベルの高い付き合い…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★


  イロ室長>あ、亜美ちゃんさ。お願いがあるんだけど。
  亜美隊員>いいよ。
  イロ室長>まだ言ってないけど(笑)。
  亜美隊員>分かるわよ。イロちゃんは、アタシが無理な
         ことや無駄なことは頼まないし、相手のスケ
         ジュールも頭に入ってるし、それに、アタシ
         にプラスになるようなことしか頼まないから。
         そういう気遣いができる人だし………。
  イロ室長>あ、でもいいや。やっぱり俺がやるよ。


  イロ室長>ついでにタバコ買ってきてなんて、言えないよな………。 

 

■ホワイトボードより…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・


   26日 『夏の思い出づくり』(緑碧会)
   27日 ダイナモ出版様、来社。
       後期夏休み(亜美、鈴木、斎藤)
   28日 俺とベッカム(内藤)
   29日 『終戦と東京裁判』出張(千葉)


  イロ室長>………俺とベッカム?



                 【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編
posted by イロ室長 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜地獄に堕ちろ!企画会議

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開



■シュウちゃんのいた夏…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・


  『どんなに深刻な問題でも、絶望的な話でも、
    最後は、前向きな気持ちに………希望を持たせるのが、
    のが映画でしょ?それが表現する人の責任でしょ?
    アナタのやってることは奇抜なだけの「はったり」
    なのよ!そんなことなの?アナタのやりたいことは?
    その程度のことなの?』

      秋の気配が足元をなぜ、コオロギの歌を聴くとき、
      僕はいつもそんなシュウちゃんの言葉を思い出す。
      そしてあの年、僕は「千年番長」を書き上げた。


  千葉隊員>室長………どうしたんですか?
  イロ室長>いや、行こう。


■《企画会議》 女は顔なのか白書…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…


  イロ室長>そうか………。
  甲斐隊員>………どうします?問題になりますよ。
  イロ室長>ふぅー………。
        「女は顔じゃない」といってる男性の7割が
         実はビジュアル重視とはな………。



■《辞表》その後…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+


  イロ室長>じゃ社長。これで失礼します………。

  千葉隊員>室長、一人で行っちゃうんですか?
  品川隊員>黙っていっちゃうんですか?
  ザキ隊員>抜け駆けはさせないわよ。
  亜美隊員>アタシから、逃げられるわけないじゃん。

       (それぞれに『辞表』を机に置いていく)

  千葉隊員>物語の終わりは、次の物語のスタートでも
         あるわけですよ(笑)。
  ユリ室長>どうすんの?(笑)。
  イロ室長>………(やれやれ)とりあえず………。
  隊員全員>………。
  イロ室長>………叙々苑にでも行くか?
  隊員全員>わーい!!



                 【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編

posted by イロ室長 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜天使のふくらはぎ!企画会議

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開




■《最終回(案)》僕ら忘れない…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・ 

  千葉隊員>室長っ………大変っ…
  公安委員>相馬色ノ介。3月31日代々木公園通りの「駐車違反」。
         これが令状だ。
  イロ室長>別件か………お前等「犬」のやりそうなことだ。
  公安委員>さぁ。いっしょに来てもらおうか?
  鈴木隊員>室長、行っちゃだめだ!ぐわっ!
  公安委員>邪魔をするとケガすることになる。
  品川隊員>ちくしょう!ぐわっ!おら!離せよ!
  警察官1>動くな!
  千葉隊員>お前等ふざけんなよ!がっ!(殴られもがく)
  イロ室長>もういい。もういいよ、千葉。
  品川隊員>室長―――――っ!
  千葉隊員>待ってます。僕等きっと室長が帰ってくるのを待ってます!


            空を飛ぼうなんて 悲しい話を
            いつまで考えているのさ

            あの人が突然 戻ったらなんて
            いつまでも考えているのさ

            ああ 人はむかしむかし
            鳥だったのかも しれないね
            こんなにも こんなにも 空が恋しい

                        『この空を飛べたら』より


■《企画会議》血のかよったセキュリティ…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・
 
  レンタル門番サービス開始!!

  リフォームの一環として!
  お家のアクセントに!
  そんなあなたも大富豪気分!
  まさに血のかよったセキュリティ!
  機械なんか信じられないあなたに!
  あんな鉄の箱が空を飛ぶことが信じられないあなたに!

  〜玄関に門番をひかえてみませんか?〜

 ・門番はあなたをご主人様と呼んでくれます。
 ・寂しい時、くじけそうな時、話し相手になってくれます。
 ・妖しい者には「誰だ!」と誰何します。
 ・「通ってよし!」と頼もしい声が聞けます。

 ………………………………………………………………………
  イロ室長>………どーかなぁ………?
  千葉隊員>ですよね。


■《企画会議》 営業センスは才能じゃない!…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・

  《 営業はセンスじゃない! 》

  〜営業トップを走りつづけた、その真髄!!

   ――坂口氏は、従来の欧米型セールスに変わる
       次世代の営業スタイルを確立した。

              (大友総研所長 大友彦一)

   営業はセンスじゃない、人情でも努力でもない。
   その人の持つ『生命オーラ』の力に左右されるのである。

  《第一章 占い師アベルとの出会い より》

 スピリチュアル・セールスマン坂口紫恩の講演予定

 9月13日 八王子カルチャーセンター 22F
 9月24日 何処可村 市民ホール
 9月31日 お台場文化センター   B5駐車場

 ………………………………………………………………………
  イロ室長>………どーかなぁ………?
  千葉隊員>ですよね。


                 【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編
posted by イロ室長 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜がんばれ僕らの企画会議

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開



■KILLER QUEEN がんばーれ………。…☆・+★・…☆・+★・…☆・+


  イロ室長>なんだよ?とっておきの「そら耳」って。
  ザキ隊員>みんな忙しいのによー。

  千葉隊員>聞いてください。「QUEEN」の『KILLER QUEEN』
         って曲なんですけど、
         She's a killer queen Gunpowder gelatineってとこが、
         シーズ、キラー、クイ――ン、がんばー…、
  イロ室長>言うな――――――っ!
  ユリ主任>やめて―――――――――――っ!

  千葉隊員>………どうしたんですか?
  イロ室長>………そのことは忘れろ。お前のためだ。



■中央特快に間に合うように…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+


  品川隊員>室長は中央線キングっていってましたよね?
  イロ室長>まあ、中央線は俺の生き様だからな。(意味不明)
  品川隊員>じゃ、これ書いてみてください。


       【新宿】―(              )―【高尾】

  イロ室長>どれどれ………ふんふん。

       【新宿】――――――――――――【八王子】―【高尾】

  品川隊員>……いや、希望を書けってわけじゃないんですよ。



■妄想 【もうそう】胸を焦がす熱い思いのこと。―癖。…☆・+★・…☆・+★・

 
  ザキ隊員「鈴木さぁ。これ読んでみ。」
  鈴木隊員「今忙しいんですよ。」
  ザキ隊員「読めっつってんだろ?」
  鈴木隊員「………ザキはそんな奴じゃない。ザキはそんな奴じゃ
        ないよ………何なんですか?」
  ザキ隊員「いいから練習しとけって(笑)」




                 【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編
posted by イロ室長 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜ぼくらの企画会議

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開



■《企画会議》ラジオCMコピー…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆

 
       山の手のお嬢様育ちで、エリートコースをひた走っていた
       恭子はある日、政治疑獄事件にまきこまれていく。そんな
       恭子の前に現れたのは、破天荒な探偵だった。


  千葉隊員>………で、ここです。ここで、エリートで小生意気
        で理屈っぽくて、自分の気持ちに素直になれない恭子
        の女を目覚めさせるような言葉が必要なんですよ。

         ――アンタ………俺に抱かれたいんだろ?

  イロ室長>これしかないだろ?
  千葉隊員>………うわぁ力技。僕、マジで濡れそうです。



■《企画会議》本の帯公告…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★


        ………コピーが決まりません。

        ⇒元「つっぱり先生」――汗と涙の体当たり日誌!!

  イロ室長>どうも、ありふれてるよな。
  千葉隊員>いまどき、『ヤンキー先生』ですよ。売れるんすかね?
  イロ室長>そこを何とかしないと。

        ⇒現役「つっぱり先生」――汗と涙の体当たり日誌!!

  イロ室長>おい。内容が変わっちゃうだろう?
  千葉隊員>だれも気づきませんよ。

        ⇒現役「暴走族教師」 ――汗と涙のタイマン授業!!

  イロ室長>現役暴走族じゃやばいだろう。
  千葉隊員>じゃ、暴走族変えますか………。

        ⇒現役「タケノコ族教師」 ――汗と涙の竹下通り!!

  イロ室長>意味わかんなくないか?
  千葉隊員>これぐらいやんないと、平積みしてくんないすよ。



■的外れ【まとはずれ】 とりあえず言いたいことを優先すること…☆・+★・…☆

 
  イロ室長>わかってないよ。
  千葉隊員>自分ではわかってるつもりです。
  イロ室長>いや、千葉。お前はそのミスの重大さがわかってない。

       「いいか?1979年の日本シリーズ第7戦、広島対近鉄。勝った方が日本一だ。
        広島1点リードの9界裏、ピッチャーは『江夏豊』。無死満塁。一打逆転
        サヨナラの日本一の場面だ。そこで江夏は愕然とする。自分の代わりの投
        手がブルペンに立っている。そうだ、監督は延長を見越したのだ。江夏は
        腐る。すごい屈辱と孤独感を感じただろう。そこに衣笠が来て、江夏にこ
        う言うんだ。『気にすんな』。そして江夏は変化球のリリース直前に、ス
        クイズを察知し、球種を変えるという伝説を作った。」


  イロ室長>いいか?俺とお前は『江夏の21球』になるんだ!!



                 【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編
posted by イロ室長 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜飛んでる企画会議

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開



■《企画会議》明るく『著作権問題』を考える…☆・+★・…☆・+★・…

 
  イロ室長>それはそうと、著作権クリアした?  
  千葉隊員>それが………結構もめてんですよ。
  イロ室長>うーむ………。
  ザキ隊員>著作権がダメなら猪八戒にすりゃいいじゃん。

         <ここで使われているもの全てに「猪八戒」があります>

  千葉隊員>猪八戒を侵害されたらどうすんだよ?
  イロ室長>「ブゥ!」とでも言うんかい?
  ザキ隊員>がははは。ひーっ!………あー腹いて。



■《企画会議》衛生部より、福利厚生の一環として…☆・+★・…☆・+★・


  隊員の健康維持のために。


  ユリ隊員>全体会議を始めます。では、衛生部より。

  諸葛隊員>来月から、毎日「肝油」を支給します。
  隊員たち>おおー。(どよめき)
  諸葛隊員>出勤時に3つ。帰る時に4つ支給するということで………。
  隊員たち>もっとくれよ!けちんなよ!(等のブーイング)
  イロ室長>わかった。わかった。
  隊員たち>………。

  イロ室長>朝ひとつ増やして4、夕方3でどうだ?
  隊員たち>うお―っ!(喝采)



■《企画会議》 美少女コンテスト コピー会議…☆・+★・…☆・+★・…☆

 
  ――今一番、マブイ女を探せ!

  千葉隊員>どうですか?
  イロ室長>なんか『六本木心中』っぽいなぁ。

  ――「いもうと」探し 2004

  千葉隊員>いいスね。
  イロ室長>裏ビデオのタイトルみたいだよ。
  千葉隊員>じゃ………。

  ――とびきりの美少女。はじめました。

              [2004 街角美少女コンテスト]

  イロ室長>それだ!!



                 【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編
posted by イロ室長 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

《イロ日記》山が怒っている!と、イロさんが叫んだ理由は………。

  
――見ろ、山が(高尾山)が怒っている………。

tidori1.jpg 日曜だし、人気もなくまったりとした休憩室で、
俺は誰もしゃべらないので、しょうがなく、山の
ほうを指差して言った。梅雨前線が活発らしく、
遠くの方で、雲が光っている。俺が町田グランベ
リーモールのフランフランで買った『世界の国旗
シリーズ』
アルゼンチンのマグカップを勝手に使
って、ネスカフェを飲んでいた《のっこ》が、「何で怒ってるんですか?」と。

『いや、その、やっぱ、やり場のない怒りだろう………』

やっぱり一人が好きで。それから俺は、こんなクズどもと一緒に休憩し
てるから、落ちつかないんだと思い、一人、会社のグランドのベンチに
移動する。そして、一人で「ブラボー」と言いながら、スタンディング
オベーションの練習をしてたら、なんとなくだけど、自分らしさを取り
戻せたような気がして。こんな気持ち久々に感じて。

――ガキの頃の恋愛って、キラキラしてるんだよね。

そう言うのは《美和》。なんかね、まっすぐで一途で。切ないくらい、
まぶしくて。ひたすら相手が愛おしくて。なんの混じり気もない、純
粋な愛情っていうのかな?そいういうの、大人になると忘れちゃうじゃ
ん。あの頃の、ほんの短い時間でしかできない、ささやかだけど、一
生、心刻まれる、そんな濃い時間。なんでかわかる?俺は、黙って首を
横にふった。


『結婚がないからよ。』

相変らず、恋人には妻帯者ばかりを選ぶ26歳が微笑む。雨の午後。


                     ■山が怒っている!と、イロさんが叫んだ理由は………。答えはCMの後で。
posted by イロ室長 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜はカメムシを探しにU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

《イロ日記》雨上がりの風景って好きよ。と亜美ちゃんが言った

――その時俺は会社の休憩室でタバコを吸いながら『長くつ下のピッピ』
    を読んでいた。


tidori1.jpg愛され隊は、一般受けしないのでやめたほうが
いいと思います。
』ある支援者から、そんなメー
ルを貰った。正直、それはイタイほどわかる。
“引退?”そんな言葉が頭をよぎった。思えば長
い道のりだった。一日かけて書いたものを、次の
日読みなおして破り捨てたこともあったし、まる
二日間かけて煮込んだデミグラスソースを、一口すするなり、フロー
リングにぶちまけたこともあった。天才は、思うようにプレーできなくっ
たとき、引退を考えると言う。俺は?俺はどうなのだろう?俺は――、

もう、誰にも夢を見させることが、できなくなってしまったのだろうか?
書き続けることの意味を、この先も求めつづけていくことができるのか?


俺は『長くつ下のピッピ』をテーブルに置き、ふと、俺はまだバカと呼ば
れているのだろうか?と思いながら、7月の空を見上げた。「いや、まだ
飛べる」そういう自分と、「もう夢を見せることができないかもしれない」
そんな自分が、交互に現れて俺を責めたてる。

――大事なことほど自分で決めなさい。最後には、自分で。

そんなシュウちゃんの言葉を思い出す。7月は夕立で、俺が会社で休憩し
ているその間にも、雨がはげしく降ったり、晴れ間が現れたりした。

『雨上がりの風景って好きよ』

集計作業を終えた《亜美ちゃん》が、隣りに来て言う。太陽の光を反射し
てね、すべてがキラキラ光ってるの。『それも一瞬さ』という冷めた俺に、
『でもアタシの心の中で、いつまでも残ってるもの』と亜美ちゃんが言う
のだ。そうして俺は、もう少し頑張ってみようと思う。亜美ちゃんの心の
中に、いつまでも残っていられるように。

一瞬の、切ない、夏の、輝きとして――。


                    ■雨上がりの風景って好きよ。と亜美ちゃんが言った
  
posted by イロ室長 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜はカメムシを探しにU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜ぼくらの企画会議

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開




■東京はおっかねまぢだ。…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・


  イロ室長>あーあ………東京に空はない。『智恵子』の気持ちがわかるよ。
  千葉隊員>室長、福島っても「浜通り」じゃないですか。違う空ですよ。
  イロ室長>………いや、それは……例えで………(ぽりぽり)。
  千葉隊員>多分、室長の実家からは「安達太良」は見えないはずですよ。
  イロ室長>………………。
  千葉隊員>見えてたとしたら、それは「あぶくま高地」ですよ。安達太良は…
  イロ室長>もういいよ。俺が悪かったよ!!それでいいんだろ?



■シュウちゃんの思い出…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+

 
  甲斐隊員>「シュウちゃん」ってどんな人だったんですか?
  イロ室長>そうだなぁ………。

        例えば、遠足のバスで「ピクニック」や「おお
        牧場はみどり」を合唱してるとするだろ。そん
        なとき合唱に参加せず、外を眺めているような
        そんな女の子だったなぁ。

  甲斐隊員>スカした女だったんですね?



■内向的な少女が学校に馴染めなくてセックスする設定で…☆・+★・…☆・+

 
  千葉隊員>しかし、真面目に売る気あるんすかね。○○社。エキントリックで
         内向的な少女が、クラスに馴染めなくて、セックスにはしっち
         ゃう設定ですよ。マジすか?
  イロ室長>しかたないだろう。仕事なんだから。
  千葉隊員>で、帯がこれだ。

        とりとめもない学校生活。なんでもない、クラスメイ
        トとのセックス。だけど少女じゃいられない優子の17歳。

  千葉隊員>今時そんなのないっすよ。80年代のノリですよ。
  イロ室長>じゃ、こんなのどうだ?

        夢見る少女じゃいられなかった。優子、あの夏――。

  千葉隊員>もっとひどくなったじゃないですか。


                       【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編


posted by イロ室長 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

《イロ自作選集1》クラス会とカラオケと幼馴染の「ユウコ」と麦茶

麦茶のタンブラーがテーブルの上に、大きな「水たまり」をつくっている。

tidori1.jpgやりかけの「夏休みの友」を畳の上に投げ出して
テーブルの上、水滴を弄んでいた。潮っ気を含ん
だ夏の風は「すだれ」をゆらし、じいちゃんが町
内旅行で昔買ってきた南部鉄器の「風鈴」が、ち
りんちりんと、退屈な夏を奏でていた。父は仕事
で、母はPTAのプール監視員。じいちゃんは畑
に「とうきび」を摘みに行って。そしてどこに行ったって友達はお盆は「い
とこ」が来ていたり、旅行に行ったりしていて、全然遊べなくて。僕はひと
りぼっちだった。――いいかげん、休みも飽きたなあ………。

テーブルの上、とりとめもなく水滴を弄んでいると誰かが庭に入ってくる。

『はい。回覧板』
「あぁ。そこの下駄箱の上に置いといて」
『あ!ユタちゃん、夏友やってるんだ?一緒にやろうよ。』
「………悪いけど、これから従兄弟が来るからさ。」
『そう………みんなそうね。あーあ、家業を恨むわ。」

従兄弟が来るなんてまるっきりウソだった。だけど、別にあの子が嫌いだと
いうわけではなく、ただそう言ってみたかっただけで………なんとなく気恥
ずかしかったからだ。なんとなくだけど、そう思ったのだ。そんなことを考
えながら、ぬるくなった麦茶をちびちび飲んでると、自転車かごいっぱいに
「とうきび」をつんだじいちゃんが帰ってくる。

『朝、電話が来て、キミちゃんが今年は遊びに来るってよ。』

キミちゃんというのは、東京に住んでる同い年の従兄弟で、もう2年くらい
会ってなかった。――え?じいちゃん、マジ?マジで言ってんの?

そんな……クラス会のカラオケもドライブもビールもない頃の、夏の思い出。



                ■クラス会とカラオケと幼馴染の「ユウコ」と麦茶
posted by イロ室長 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜はカメムシを探しにU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

《イロ日記》起きた時、泣きながら寝ていたことに気づいた

――昼寝から起きた夕方、自分が泣いていたことに気づいた。

tidori1.jpgさっきまで楽しい夢を見ていたはずなのに。起き
た時はひとりぼっちで、ベットの窓、カーテンの
隙間から薄暗い雲が見えると、ひどく非現実的な
気持ちになる。時間の中に置き忘れたままの、油
絵の中の主人公にな ったような気持ちだ。(うま
く言えないけど)。結局、情緒不安定で。 そんな
時の僕は、たくさんの記憶を鮮明に思い出すことができる。匂いや息遣
いまでも。

15歳の秋から冬にかけて、自由になるほとんどの時間を僕とその少女
は、公民館と一緒になったふるぼけた『町立図書館』ですごした。友達
といえる友達が(友達というものが、心が通った温かい関係だとしたら)
いない僕に、どうして彼女が興味をもったのかはわからない。僕が『不
規則動詞一覧表』を暗記しているそばで、彼女は机につっぷして寝てい
た。冬の淡い日差しが、書架の間に光りの塵をうつしていた。それはま
るで、第二次大戦末期のベルリン博物館のような静けさであったし、ま
た、パブロ・ピカソが愛情のおもむくままに描いた、愛妻のイラストの
ようでもあった。

――そして彼女は泣いていた。机につっぷして眠りながら泣いていた。

彼女は夢を見たという。『海に雨が降っている夢』を。見渡す限りの大
海原に、細く冷たい雨が降りしきる風景。それがただずっと続いていて。
『とても穏やかなの。ただひたすらね。穏やかなのよ。ね。イノウエ君はわ
かる?海の上に降る雨って不思議じゃない?』


            ■目が覚めて、泣きながら寝ていたことに気づいた
posted by イロ室長 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜はカメムシを探しにU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜楽しい企画会議

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開



■こういう職場のブームっていいよね…☆・+★・…☆・+★・…☆・+

 
  千葉隊員>じゃ、昼飯買ってきまーす。
  ユリ主任>待って。どこに行くの?

  千葉隊員>「木村パン」のコッペパンですよ。
  ユリ主任>あ、アタシの分もおねがい………。

  イロ室長>お………みんなコッペパンだな。
  内藤隊員>うまいですよ。その場で具をはさんでくれるし。
  甲斐隊員>おばあちゃん一人でやってて雰囲気いいすよ。



■イロ室長の『おやじの背中』…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆

 
  イロ室長>本当にやりたいことが見つかったんだ………。
  イロ父親>一体、お前は大学を辞めてまでして何をやるんだっ!!
  イロ室長>………。

        坂道でおばあさんが、買物袋からこぼしたオレンジを拾って
        あげたり………公園で、こどもが思わず離してしまった風船
        が木に引っかかっていて、それをとってあげたり………。
        雨の日に、アパートの階段の所で凍えている家出少女と出会
        って恋をしたりしたいんだ………。


  イロ父親>お前は大バカものだ!………勝手にしろ(退場)。

        ―――――次の日――――――。

  イロ母親>これ、少ないけど、足しにして………(封筒)。
  イロ室長>………母さん………。
  イロ母親>言うなって言われたけど………父さんからよ。



■《企画会議》さかあがり巡礼…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆

 
  構想3年、撮影に3年をかけた、【スタジオ愛され隊】プレゼンツ
  『さかあがり巡礼』がついに、デジタル・リマスター版で登場!!

  今回特別に、先着3.5名様にイロ監督が中学時代、運動着につけ
  ていた、『3‐B』(3年B組)ゼッケンのレプリカをプレゼント!!


  千葉隊員>室長!どこ行くんですか!
  イロ室長>やすらぎ公園へ、さかあがりの練習に………。

  ナレーション>すべてはここから始まった………。

    家出少女>できないものはできないよっ!
    イロ室長>ダメだっ!最初から諦めてどうすんだよっ!!

  ナレーション>時に争い………。

    独居老人>う………う………。
    イロ室長>みんな!力を貸して!

  ナレーション>時に助け合い………。

    イロ室長>こどもの頃のように、みんな回りたいんだよ。
         軽やかに………。そう、風のように………。


  ――さかあがり。まだ、できますか?



                 【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編

posted by イロ室長 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

《イロ日記》それから港の堤防を手をつないで歩いた


『あなたはこれから数え切れないほどの蒙昧さと戦わなければならない』

tidori1.jpg それは無知であり短絡さであり、偏見であり頑な
さもであり、理不尽さであり、無意味な嫉妬であ
り、それは人間性そのものだと思う。きっと嫌な
思いもたくさんするわ。『そしてその度に自分を
傷つけるのよ』17歳の夏休みを前に、駅までの
道のりを自転車を押しながら、シュウちゃんが僕
に予言した。

正しさはきっと人の数だけあるものだと思うけど。ううん。一人の人間
中に、いくつもの正しさが混同している時もあるかもしれない。だけど、
普通の人はみんな、自分の正しさの中だけで生きている。


――でも、正しさなんてきっと一つだけじゃないのよ。

そうしてイノウエ君は、たくさんの正しさの中を泳ぎながら、認めなが
ら、なんとか自分の正しさをも持ちこたえようと、そんな矛盾を抱えな
がら、その苦しみの中でのたうち回るのよ。


それから港の堤防を手をつないで歩いた。それから倉庫の陰で人目を盗
んで抱き合った。ブラウスの裾から手をいれ、ブラジャーのホックをは
ずそうとした時、シュウちゃんは顔をはずして、黙って首を横に振った。
僕らは17歳だったし、抱えきれないほどの葛藤と、そして僕はそれ以上
の性欲を24時間もてあましていたし、ほぼ毎日寝る前に自慰をするよう
になっていた。そして出口なんてどこにもなかった。毎日鬱屈としてい
た。かったるくて、苛々していた。僕の中で『正しい17歳』というも
のがあるとすれば、そういうものだ。

                      ■それから港の堤防を手をつないで歩いた
posted by イロ室長 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜はカメムシを探しにU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜楽しい企画会議


tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開



■天使が俺に微笑むとき…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆
  

  品川隊員>いくらなんでもそりゃないでしょう。
  イロ室長>そうかな?
  品川隊員>あ!
  イロ室長>な、天使は俺に微笑むんだよ。
  品川隊員>室長。最近それ↑お気に入りですよね。



■《企画会議》『末端価格』にかわるネーミング募集…☆・+★・…☆・+


  千葉隊員>………つまりは、最終的な小売価格のことを言うわけです。
  イロ室長>しかし実際は「麻薬・ピストル」などのマイナスイメージが
         ともなう。だから別のネーミング依頼してきたわけだ。
  千葉隊員>思ったのですが………。
  イロ室長>なんだ?

  千葉隊員>『まっちゃん価格』ってのはどうでしょうか?
  イロ室長>うん。それならクリーンで、どこか愛らしいイメージがあるぞ!



■《企画会議》胴上げされ隊 ぼくらの秋物語…☆・+★・…☆・+★・…☆・

   ――最近、胴上げされてないなぁ………。

   なんて思っているあなた。朗報です。今年もまたまた
   『胴上げされ隊』の季節がやってまいりました。
   さあ、馬肥ゆる秋、この澄んだ空に舞いあがりましょう!

   祝福されたいのにされてない。
   無性にだれかを祝福したい。

   そんなあなたを愛され隊が100%バックアップ!!


                 【愛するより愛され隊(復刻版)】〜楽しい企画会議編

posted by イロ室長 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

《悲しき性交》豪徳寺のアパートの頃‘した’後で君は言うのだ

  救われていないことに淋しさは感じる。だけど僕は、それによって
  苦悩のようなものを感じることはない。そういう風に生きている。
  そしてそれは諦めですらない別な何かだと思う。

                        (06年7月休憩室にて著者)


tidori1.jpg 新しく入社した小松君と休憩室にて語る。17歳
の時に、今の僕の金型ともいえるものができた。
それは僕が設計し、プランをたて実行し、シュウ
ちゃんが仕上げた。僕が遠くから眺めるように自
分を見つめるとき、生き方のようなものを考える
とき、シュウちゃんの刻印を感じる。ふたりの共
同作業として、今があり、そして、それは今後も生きつづける。

★★★

――人生で大事なのは「初めての」ではなく、二番目の彼女だ。

僕が東京に出てきたばかりで、世田谷豪徳寺のガールフレンドのアパ
ートへ通っていた頃。‘した’明け方彼女はいつもこんなことを言って
いた。たわむれに。ぽつりぽつりと呟くように。深い眠りにつく前に。

『あなたと‘する’のは嫌じゃないんだ。むしろアタシから求めたいぐ
 らいで………うん。文句や不満なんて、一つもないんだよ。でもね…』


ただ‘した’後に無性に淋しくなるんだよね。うまく言えないけど……
…いっつも……いっつもあなたと‘した’アタシはそんな気持ちになる。
あなたにやさしくされる度に、後でいつも死ぬほど自分が嫌になったわ。

――たとえまともなのが僕のほうで、おかしいのが君のほうでも。

今日、『しぃ』がサバの味噌煮込みをつくってくれましたよ。

                          ■豪徳寺のアパートの頃‘した’後で君は言うのだ
posted by イロ室長 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜はカメムシを探しにU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜今年はアイスケーキにするんだとイロ室長が言う

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開



■ユリ主任とイロ室長…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★・
 

  ユリ隊員>やっぱり奥さんの方がいいのね………。
  イロ室長>わかってくれよ。僕だって妻も子もある身なんだ。


■《ユリ主任とイロ室長》シャトレーゼでケーキを予約…☆・+★・…☆・


  ユリ主任>ねぇ。イブの予定、どうなってるの?
  イロ室長>あぁ。家は毎年「ケンタッキー」だよ。

  ユリ主任>……そうよね(悲笑)。プレゼント買ったの?
  イロ室長>絵本さ。まだ小さいからね。ほら。「ぐりとぐら」。



                   【愛するより愛され隊(復刻版)】〜お姉さんから君へ ユリ主任編
   
posted by イロ室長 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《イロ劇場》愛するより愛され隊(復刻版) 〜改札で、子の誕生日とあなたが消える

tidori1.jpg 「愛するより愛され隊」はイロ室長を中心にその他
ろくでもない隊員が繰り広げる荒唐無稽なビジネス
物語であり、多くの団塊世代への応援歌になった。

            (C)アコナイトメディア 2004年公開


■《ユリ隊員とイロ室長》 子供の誕生日なんだ…☆・+★・…☆・+★
 
 
  イロ室長>ごめん………帰らなきゃ。
  ユリ主任>え?今日は大丈夫だって………。
  イロ室長>子供の誕生日なんだ。



■《ユリ主任とイロ室長》 THE END…☆・+★・…☆・+★・…☆・+★

 
  ユリ主任>…………………生理がないの。



■《ユリ主任とイロ室長》  いい笑顔……素敵よ。…☆・+★・…☆・+★


  <鏡の前で………>

  ユリ隊員>ほら………さ、笑って。うん。いい顔。素敵よ。
         大丈夫。きっとうまくいくわ。



                   【愛するより愛され隊(復刻版)】〜お姉さんから君へ ユリ主任編
  
posted by イロ室長 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜カメH愛され隊が逝く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。