2006年12月08日

《iro日記》そして僕は「気持ちよく」生きてゆくのだ

――タイムカードを押すように、毎日が過ぎていくわけです。

 ★★★

『気持ちよく』生きること。

 ★★★

それがすべてだ。時々それを忘れないようにしよう。感じのいい人でい
ること。自分の考えを相手に押しつけないこと。相手の痛みを想像する
こと。そう。――相手の痛みを想像すること。

『できるだけ、誰も傷つけないで生きていけたらといつも思ってる』

そう言った、シュウちゃんに少しでも近づけるように。強い何かをいつ
も忘れないで生きてゆくのだ。――『気持ちよく』生きること。

tidori1.jpg 誰も傷つけないで生きていきたいというその気持
ち。そんな気持ちを、そんな気持ちになれる自分
を、大切に忘れずに、いつも、どんなときも、逃
げずに、開き直らずに、やさしい気持ちで、全て
にふれあえたのなら、それはきっと自分にとって
とても「気持ちいいこと」なのだ。

『自分が傷つかないように、自分が損しないようにとか、自分がバカ
 にされてないかとか、自分が傷ついてないかとか、自分の立場ばか
 りいっつも気にしてるのって、それは人としてすごく《みっともな
 い》ことだよ。』


アンタ今、すごいみっともないよ。大体アンタは、ただでさえ《我が
強すぎる》んだから。と、《しぃ》に言われて反省して。


                         ■『気持ちよく』生きること。
posted by イロ室長 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 土曜はカメムシを探しにU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29240073

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。