2005年10月08日

ろんぐ☆ぷろふぃ〜る

  
《著者ぷろふぃ〜る》

イロ室長(いろしっちょう)。福島県生まれ。陸軍大学野戦科東洋
戦史過程修了。農協(現JA)諜報部をへて、フリーに。現在、
《愛の伝道師》として、著述、講演など、こぐ限られた世界で、幅
広く活躍中。また、参画している企画集団「アコナイトレコード」
で発表した「困ったときのベタ辞典」は、自分なりによくやったし、
自分を誉めてあげたい。

右臀部に、幼少の頃、野犬に噛まれた傷がある。特技、指を大きな
音で鳴らすこと。ストップウオッチの早押しは定評がある。

『千年番長』『湯豆腐侍』(アコナイト出版)、『困ったときのベ
タ辞典』(大和書房)など著書多数。『もっと口汚くアタシを罵っ
て』で98年、草壁実妙賞を最年少で受賞。時々やりきれなくなる
ような文体は、一部マニアに熱狂的な支持を得ている。

好きな言葉、「俺にも甘い蜜を吸わせろ」。座右の銘「ひとのふん
どしで相撲をとる」。「相撲と相模(さがみ)は似てる」。「京王
線は終電が早いから注意して」など。




《最近の主な著書》


■困ったときのベタ辞典(大和書房)

 知的に、アグレッシブに!生活のあらゆる面で使えるベタ語を完
 全網羅した渾身の一冊。読んだその日から使いたくなるような、
 暮しに役立つ素敵な言いまわしが盛りだくさん!!


■もっと口汚くアタシを罵って(アコナイト出版)

 デビュー直後の1998年から2000年まで刊行されていた‘相馬イロ
 時代’のオフィシャル・フリーペーパー『千年番長』の掲載作品
 を集めた一冊。(※「千年番長」は現在入手不可)




《最近のいきごみ》

一、とりあえず、いけるとこまでいってみようと思うんです。
一、今やらなきゃきっと後で、後悔するような気がしたんです。
一、不器用な俺たちだけど、いつかきっと笑える日がくるよ。


                          ■ろんぐ☆ぷろふぃ〜る
  
posted by イロ室長 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | = ぷろふぃ〜る = | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。